外壁塗装の匠

見積無料

診断無料

06-6770-5714

受付時間 AM9:00 〜 PM7:00 (土日も営業中)

お問い合わせ

屋根修理

「外壁塗装の匠」は屋根の修理も得意です!

20年の実績で培われた提案力

どのような工事でも、現状をしっかりと調査・確認し、どのような施工をすればよいのか、またはしなくてよいのかを提案することはとても重要です。お客様にご負担いただく費用に直結するだけではなく、業者による手抜きや杜撰な施工によって家族を守る大切な家を台無しにしてしまうのは簡単だからです。


「外壁塗装の匠」は当初塗装だけを行っていましたが、ご依頼をいただき現場調査を行うと「実は雨漏りがある」「雨どいも見てほしい」というようなご相談をいただく機会が多く、対応させていただくうちに専門の職人を抱えるまでになりました。トタンから瓦屋根まで、あらゆる材質にも対応可能です。お困りの際はご相談ください。

屋根修理は塗装とセットがお得!

屋根の修理と塗装は別々の業者に頼んでいた、これから頼もうとしているという方はちょっと待ってください!2つの施工は内容こそ違いますが、その工程には共通する部分が多く、同時に行った方がお得になったり、工期が短く済む場合があります。

屋根修理と塗装を同時に行うメリット

屋根修理、塗装それぞれの範囲や規模にもよりますが、例えば一般的な2階建て一軒家の外壁を塗装する場合、足場を組む必要があります。屋根の修理、塗装を行う場合も同様で、高所で作業する場合には必ず足場が必要になります。


足場の設置、解体には費用もかかり、それなりの時間がかかります。それが一回で済めば単純計算で足場1回分の費用が浮くだけではなく、工期全体の短縮に繋がるため、別々に施工を行った場合と比べてお得な上に早く済むというメリットがあります。

施工の種類

一般的な屋根修理の種類です。記載のない施工にも対応可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

カバー工法
既存の古い屋根を撤去せずに、そのまま上から防水シートと屋根材を重ねて葺いてしまう工法です。重ね葺き工法ともいいます。スレート屋根の場合は色褪せたりコケやカビが生えているとき、金属屋根の場合は、釘が抜けたり、全体的に浮いたりしてきたときが修理のタイミングです。葺き替え後の屋根材には軽くて錆びにくく、耐久性の高い屋根材であるガルバリウム鋼板が採用されるケースが多いです。ただし、屋根の下地材自体が傷んでいる場合はカバー工法はできません。既存の屋根材の撤去を行わないため、費用が安く抑えられます。
葺き替え
既存の屋根材及びその下のルーフィング、野地板を全て撤去して、新しい屋根材に一から葺き替える工法です。カバー工法に比べて費用はかかりますが、屋根を根本から新しくできるため長持ちします。下地材そのものから葺き替えるため、下地材が腐っている家でも修理可能なのがメリットです。瓦屋根の場合は全体的に割れたりズレたりしているとき、スレート屋根であればコケが生えたり色褪せているとき、金属屋根の場合は、釘が抜けたり、全体的に浮いたりしてきたときが修理のタイミングです。
漆喰補修
瓦屋根には、雨風を防ぎ、瓦を固定するために漆喰が用いられています。しかし、漆喰は常に雨風や直射日光に晒されているため、時間とともに劣化してしまいます。漆喰ががぼろぼろになったり、瓦がずれたり、漆喰にヒビができていたりする場合は補修のタイミングです。こういった状況を放置しておくと、雨漏りの原因になってしまいます。補修は、既存の漆喰を取り除いたあと、新しい漆喰を塗り込み、表面をならし、乾燥させる、いう手順で行われます。
雨どい修理、交換
雨どいは、降ってきた雨水を集めて流すことで、住宅への水の浸入を防ぐ役割を持っています。しかし、経年劣化や風や雪の影響を受けやすいため、屋根の中で一番壊れやすい部分でもあります。雨どいが傾いていたり、継ぎ目が外れていたり、曲がっていたり、そもそも雨どい自体が腐食していたりする場合は修理のタイミングです。規模によって、部分修理で対応できる場合もあれば、交換してしまった方が良い場合もあります。雨どいが壊れていると雨漏りや外壁材の劣化の原因にもなるため、早めの修理をおすすめします。
防水工事
防水工事には、ウレタン、アスファルト、FRP、塩ビシート、ゴムシートなどの種類がございます。建物の構造や状態、防水箇所、既存防水方法などを考慮して、最適な工法をご提案させていただきます。
防水工事の失敗例で多いのは、間違った工法で施工してしまうことです。
当社では、多くのチャックポイントを調査し、さらに最新の工法と高品質な防水製品で確実な仕上がりをお約束いたします。防水工事は、しっかりと知識を持った専門業者にお任せ下さい。

施工の流れ

一般的な各種塗装の施工の流れをご紹介します。

カバー工法

  • ①施工前
  • ②板金撤去
  • ③防水シート張り
  • ④本体張り、完成

葺き替え

  • ①施工前
  • ②瓦取り外し
  • ③板貼り
  • ④防水シート貼り
  • ⑤完了

漆喰補修

  • ①黒くなりひび割れた漆喰部分を補修します。
  • ②完成

雨どい修理、交換

  • ①施工前
    劣化、火事などの災害によって使用できなくなった雨樋も修理・交換致します。
  • ②施工後

瓦差し替え

  • ①真ん中の欠けている瓦を差し替えます。
  • ②差し替えた瓦(ベージュ色)を塗装します。
  • ③完了

他のサービスを見る

外壁・屋根塗装